2014年06月22日

ウェディングの花

ウェディングのお花のご注文を頂くことがあります。
私がどんな雰囲気のものを作るのかを知って下さる方が
お任せして下さり、作らせて頂きました。
作らせて頂いたブーケや花冠です。
IMG_2124
IMG_2130R142
IMG_2166IMG_2167
皆さまありがとうございました。

posted by Rifor at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事

2014年06月21日

寄せ植えと庭

IMG_2380IMG_2609
季節毎や毎月メンテナンスにお伺いして手直しをさせて頂いおります。
来週またお邪魔します。

下の写真はRiforの花壇です。今年は良く咲きました。
植物が応えてくれることが自分の力や励みになることをしみじみ感じたこの春でした。
IMG_2282IMG_2557
IMG_2633IMG_2635
庭の花を使って部屋を飾る生け花を作ってみました。
育てた花で活けることを目標にしてきたので
少しずつ実現してきました。
IMG_2638
ピンクのアナベル、ナデシコ、ドライにしたレモングラス(畑で育てたもの)
スモークツリー、ドライにして輪にした珊瑚ミズキ(春の展覧会でつかったもの)

posted by Rifor at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月20日

香りのあるものがたり 恐竜のパンツ

IMG_2631
作 くぼゆうこ
絵 くぼこうた
著者は私の妹です。そして挿絵は甥の孝太君。
以前私が働いていた「サンクスネイチャー浦和」ではフィトテラピースクール
を開催しており、妹は生徒として通っていました。文章を書くことが好き
で、香りをテーマにした物語を書きためたものをある日、講師の森田敦子先生
にお見せしたところ、とても気に入ってくださり、森田先生のホームページに毎月
掲載して頂くことが決まりました。そこで挿絵をまだその頃小学生だった孝太君に
お願いして描いてもらうことにしたのです。親子2人三脚のスタートです。
3年程連載させて頂き、「いつか本にしたいね」といった孝太君の言葉を
いつか実現したいと思った妹は、孝太君が20歳になったお祝に、この本
を贈ることを決めたのです。

沢山ある物語の中から4作品選び本が出来上がりました。
私が1番好きなのは1作目の「恐竜のパンツ」です。
幼稚園に入る前から恐竜が好きだった孝太君によく恐竜の事を教えてもらい
一緒に恐竜ごっこにつきあい、遊んだことが何度もありました。
恐竜に夢中過ぎて友達が離れていき孤立し、不登校になってしまったこともあり、
随分悩んでいた時期もあったようでしたが、今では恐竜の学者さんになることを
目標に大学で勉強しています。

「あなたはあなたのままでいい」この母の想いが子に伝わり子供は自分の道を
進むことができたのだと思います。
病気の家族を支え、子供たちを育て、そして自分自身も40歳を過ぎてから保育士の資格
を取り、保育園で働き、子育て中のお母さんたちを支えている、ゆうこさん。
「おねえちゃん、本を貰ってくれる?」と電話があった時嬉しかったな。
妹よいくつになっても輝いていてください。

この本Amazonでお買い求めできます
恐竜のパンツ

posted by Rifor at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年06月19日

Riforのレッスン

アレンジや寄せ植えを通して植物を身近に感じて頂き、自然を大切に思う気持ちを忘れないように、そして参加して下さる皆様の心が喜んで下さいますように。

今日の植物を見て頂き、ご自分の「好き」なものをひとつ選ぶところからスタートします。
皆さまの個性が出て素敵な作品が出来上がります。
IMG_2146
ちょっとしたシーンを思い浮かべて・・門出の日に
御祝のフレームアレンジとコサージュをセットで。
IMG_2267IMG_2273
お皿の上に蔓を蒔きつけたリースをのせて、花を挿してアレンジします。
IMG_2547IMG_2548
IMG_2610IMG_2549
父の日にビールをお花でアレンジし「ありがとう」の気持ちを込めて

posted by Rifor at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 教室

2014年06月14日

手作りって楽しい

最初に花屋をOPENした頃手作りするのが
楽しくてフェンス作ったり、壁塗ったり、ランプ作ったり
ふりかえると感心してしまう。

2004031612473620040328171105
20040328171143
ha1

posted by Rifor at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記