2014年06月20日

香りのあるものがたり 恐竜のパンツ

IMG_2631
作 くぼゆうこ
絵 くぼこうた
著者は私の妹です。そして挿絵は甥の孝太君。
以前私が働いていた「サンクスネイチャー浦和」ではフィトテラピースクール
を開催しており、妹は生徒として通っていました。文章を書くことが好き
で、香りをテーマにした物語を書きためたものをある日、講師の森田敦子先生
にお見せしたところ、とても気に入ってくださり、森田先生のホームページに毎月
掲載して頂くことが決まりました。そこで挿絵をまだその頃小学生だった孝太君に
お願いして描いてもらうことにしたのです。親子2人三脚のスタートです。
3年程連載させて頂き、「いつか本にしたいね」といった孝太君の言葉を
いつか実現したいと思った妹は、孝太君が20歳になったお祝に、この本
を贈ることを決めたのです。

沢山ある物語の中から4作品選び本が出来上がりました。
私が1番好きなのは1作目の「恐竜のパンツ」です。
幼稚園に入る前から恐竜が好きだった孝太君によく恐竜の事を教えてもらい
一緒に恐竜ごっこにつきあい、遊んだことが何度もありました。
恐竜に夢中過ぎて友達が離れていき孤立し、不登校になってしまったこともあり、
随分悩んでいた時期もあったようでしたが、今では恐竜の学者さんになることを
目標に大学で勉強しています。

「あなたはあなたのままでいい」この母の想いが子に伝わり子供は自分の道を
進むことができたのだと思います。
病気の家族を支え、子供たちを育て、そして自分自身も40歳を過ぎてから保育士の資格
を取り、保育園で働き、子育て中のお母さんたちを支えている、ゆうこさん。
「おねえちゃん、本を貰ってくれる?」と電話があった時嬉しかったな。
妹よいくつになっても輝いていてください。

この本Amazonでお買い求めできます
恐竜のパンツ

posted by Rifor at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/100160131

この記事へのトラックバック